廃車で決まる抹消の種類

廃車で決まる抹消の種類

廃車で決まる抹消の種類 車が不要になった際に売却ではなく、廃車を選ぶことがありますが、廃車には2種類あるのです。
一般的な廃車は専門業者に委託して車をバラバラにしてリサイクルしてもらうことを想像される方が多いですが、ナンバープレートを返すだけの一時抹消もあります。
一時抹消は車をバラバラにする必要がなく、車両を手元においておけます。
しかも税金は掛からないので必要に応じて再度登録することもできます。
一時抹消は中古屋さんなどがよくおこなうものであり、所有権を移す際によく利用されます。
個人で一時抹消する方も多いです。
長期出張で数年車を使わないとかコレクターとしての車の所有などです。
ただし、これらの処理には税金を支払っていることが条件です。
手続をするまでの税金は支払い月によって還付されます。
還付金は残り月数によって変わります。
特に4月に手続をする場合は税金の支払通知が届いていない場合が多くなりますが陸運局などで支払ってから手続きとなるケースが多いです。

廃車をする際には見積もりを取りましょう

廃車をする場合には見積もりを取ることが大切です。
その理由は廃車を行う業者によりその費用が大きく異なるばかりではなく、最近では逆にお金がもらえることも少なくないからです。
廃車をする際には手続きが必要で、その手続きは実際には費用が掛かるものです。
その為一般的にはその作業を業者が代行しさらに自動車自体の処分も費用が掛かるものですが、最近では自動車を解体して部品を取り出し、これを売却することができる仕組みが出来上がっています。
特に自動車リサイクル法の施行により中古部品の需要が増え、解体した自動車の部品の需要が増えているのです。
そのため多くの業者がその部品欲しさに無料で引き取る、もしくは買い取ってまで引き取るという構図が出来上がっています。
その為、廃車にお金がかかるという概念は既に過去のものとなりつつあります。
まずは見積もりを業者から取って、いくらかかるのかまたはいくらもらえるのかを確認することが大切です。