廃車は合理的で意味のある仕組み

廃車の際のナンバープレートについて

廃車の際のナンバープレートについて 廃車の際ナンバープレートなどの処理が分からないという方が多いようです。
廃車の手続きは2つの手続をします。
1つは車自体の処理、2つめはナンバープレートを含めた書類の処理です。
車については専門の業者に依頼することになり、レッカー処理なども委託することになります。
自宅で車を保管する、売却予定という場合はナンバープレートを外して処理します。
書類やナンバープレートは陸運局に返還します。
その際、滞納されている税金があればその分を支払ってから処理が行われます。
特に4月で税金の支払通知がまだきていない場合でも支払いが必要ですので注意したいところです。
車検については切れてても問題ありません。
レッカーが適切に行われれば廃車は可能です。
プレートについては後部は一度はがすと再度取り付けできない構造になっているので処理をする直前に外すと安心です。
前のナンバーはネジで止まっているだけです。
返却は前後両方を返すことが必要です。

廃車で解体屋に持ち込みをしたらどうなるか

廃車の為に解体屋に持ち込んだ場合、以前であれば登録抹消費用と解体費用を取られるのが一般的でしたが、最近では無料もしくはお金をくれるというところも少なく有りません。
これはまず、最近の鉄鋼の値上がりによるところが大きいです。
最近はリサイクルの技術が進み、新品の鉄鋼は非常に高値で取引されています。
その為、自動車の様な鉄鋼を多く使用しているものは再利用がしやすく、また安価に手に入るためスクラップは高値で取引されるようになっています。
さらに、自動車の場合には自動車リサイクル法もあるため、廃車にする車から取り外した部品類が高値で売却されることも珍しくありません。
その為、廃車する自動車を解体屋に持ち込み廃車を依頼する場合、最近では本体費用の掛かる自動車の登録抹消手続きを代行してくれ、さらにお金をくれるケースが多いのです。
自分の車処分する場合にはこうした解体屋に持ち込み、金額を査定してもらうのも従来の有償での引き取りが多かった時代からすると難しい時代になりました。